« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

研究室旅行

研究室旅行で静岡の梅ヶ島に行って来ました。

 

一日目はテニスをしました。

僕は教授と接待テニスでした。

「先生、ナイスショットです!」

「先生、お上手ですね!」

「先生にはかないませんよ~!」

 

夜はバーベキューをしました。

バーベキューでは、蚊がコーラにダイブしたり、蛾が焼肉のタレにダイブしたりしていました。

「りんぷんがいい味出してるわー!」と言う声も聞こえました。

 

コテージではカラオケもしました。

曲が古くてなかなか歌える曲がありません。

TRFが最新曲のようです。

2001が恋しいです。

 

温泉はとにかくヌルヌルでした。

なぜかシャワーもヌルヌルでした。

温度もヌルヌルです。

ヌルヌル成分は炭酸水素ナトリウム(重曹)です。

「この温泉、実験の中和に使えるな~」と先生がひとりごちていました。

 

二日目は安倍の大滝を見に行きました。

途中、つり橋を渡りました。

T坊のビビリっぷりが本日一番のシャッターチャンスでした。

 

滝は日本で二番目の落差らしいです。

マイナスイオンシャワーをたっぷり浴びました。

T坊は上半身裸でイオンシャワーを受け止めていました。

本日二番目のシャッターチャンスでした。

 

そんな感じで二日間に及ぶ研究室旅行は無事終わりました。

幹事さん、ありがとう、おつかれ山!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おっぱっぴー

配属先などを決めるための面談があり、山梨にちょろっと帰りました。

 

もう一人の同期の薬剤師は、高校の時の同じ寮生です。

なにかと気まずいです。

でも、そんなの関係ねぃ、そんなの関係ねぃ

 

面談は20分で終わりました。

希望は一応聞かれるものの、希望は半分以上通らないとのことでした。

希望なんて関係ねぃ、希望なんて関係ねぃ

 

帰りの特急ふじかわ待ちで列に並びました。

前に並んでいるおじさんの背中にGキブリがとまっていました。

おじさん、ごめんなさい、僕はただただ逃げました。

 

でも、そんなの関係ねぃ、そんなの関係ねぃ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北旅行③

東北旅行三日目は気持ちよいくらいの快晴でした。

6人みんなが普段の行いがいいからでしょう!

 

福島県にある裏磐梯(うらばんだい)の五色沼に行きました。

おもちゃ好きのとまーり君は、『磐梯』を『BANDAI』だと五色沼に着く直前まで勘違いしていました。 

五色沼はどの沼もきれいな深い青色をしていました。

でも僕には五色の沼の色を見分けることはできませんでした。

見ることの出来なかった残り四色は、僕の心の中の雑念の数なのでしょうか。

 

昼はみんなで喜多方ラーメンを食べました。

車の中で「ラーメンが食いてぇ!」と大騒ぎしていたとまーり君が注文したのはソースカツ丼でした。

バドミントンばりのナイスジャッジでした。

 

静岡に着いたのは0時でした。

三日間にわたる、『東北旅行~0(ゼロ)への挑戦の旅~』は、0時に出発し0時に帰宅するという、まさに0(ゼロ)への挑戦の旅でした。

 

そして、僕の財布の中身もゼロへの挑戦です・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

東北旅行②

東北旅行二日目です。

 

岩手県の龍泉洞というところに行きました。

水の透明度が非常に高いため、90mもの深さの地底湖の底が見えちゃうほどでした。

その透明度は、菅野美穂の肌の透明度とはる勢いです。

 

昼はわんこそばに挑戦しました。

男性の平均は50~60杯とのことです。 

結果は・・・

 

ゆたーか87わんこ。

もうちょいで100わんこ!どんマイケル!

 

僕102わんこ。

リバーシブルギリギリなところで100を超えました!

 

じゅんいち103わんこ。

一度リタイアしたところからの復活劇です!

 

とまーり112わんこ。

静岡県立大学のネーム入りユニフォームを着てがんばりました!

 

ながーた113わんこ。

わんこガール見すぎです!

 

じょーたろう114わんこ。

余裕を残しながらトップをとりました。大穴です、あっぱれ!

 

ゆたーかを除く5人は100わんこを超えたので記念手形をもらいました。

店員さんにまでイヂられたゆたーかは逆においしそうでした。

ゆたーかよ、君の記念手形は君の心の中にある。

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

東北旅行①

ゆたーか、ながーた、とまーり、じゅんいち、じょーたろう、僕の6人で東北旅行に行きました。

 

初日に、車で青森までぶっ飛ばしました。

『0(ゼロ)への挑戦』というテーマのもと、0時出発、0時間睡眠という過酷な初日のスタートです。

 

深夜3時にながーたを眠らない街東京でピックアップしました。

ながーたの会社はとにかくデカかったです。

みんな刺激的な都会の空気に興奮していました。

 

青森についたのは10時過ぎでした。

睡眠不足でグロッキーな中、八甲田山に行きました。

みんなグロッキーでしたが、ロープウェイの添乗員のお姉さんを見た瞬間一気に元気になりました。

男とはこういうものです。

 

初日は移動ばかりでした。

車の中では、光GENJIをみんなで大熱唱しました。

名曲、ガラスの十代です。

 

壊れそうなものばかり集めてしまうよ

輝きは飾りじゃない

ガラスの十代

 

胸に響きました。

そんな僕らはハガネの二十代。

大人は見えない しゃかりきコロンブス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有機系合同セミナー

二日間に及ぶ有機系合同セミナーが終わりました。

狭い小講堂で座りっぱなしの二日間でした。

 

先生達はとても勉強になったと満足していました。

しかし僕らに残ったのは、疲労とかるいエコノミークラス症候群だけです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

合同セミナー前日

明日から二日間、有機系合同セミナーがあります。

 

薬学部の有機系の3教室が合同でセミナーをします。

就職活動対策という事で、M1とD2が発表します。

キャン、アキャイ、シャトーの3教授による厳しい質問責めにあう、とてーもキツーイセミナーです。

 

T坊は一番の発表です。

しかし前日の今日も、スライドは作ってない、原稿は作ってないという危機的状態です。

 

T坊は、

「この追い詰められ感、チョー気持ちへーですよ!」

と言っていました。

僕だったら確実に急性胃腸炎です。

 

どんなときも強気なT坊、ケッパレ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

特急ふじかわ号

実家に帰るとき、身延線の特急ふじかわ号に乗ります。

 

ふじかわ号に乗りながらDSをやると、とても酔うことを発見しました。

各駅列車ではDSをやっても酔いません。

昨日は、JR富士駅で危うくリバーシブルでした。

 

特急ふじかわ号をご利用の際は、DSをやらずに読書にいそしみましょう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

帰郷

実家にちょろっと帰りました。

 

ぶどう狩りをしに、祖父と祖母と僕の三人でぶどう園に行きました。

快晴の下、軽トラの荷台に乗って行く、山のてっぺんのぶどう園は最高です!

 

僕はお持ち帰り用の巨峰を何個か取りました。

ぶっちゃけ、うちの巨峰はうまいです。

 

巨峰の宅配はお近くの若月農園まで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バケールさん

来週、有機系合同セミナーがあります。 

今、T坊がその要旨を一生懸命作っています。

 

T坊は、参考文献のところにバカールさんの名前を書きました。

『Baker(バケール)』

 

バカールさんのスペルは『Bakar』なので、T坊が書いたこれは間違いです。

 

バカールさんはこれを見てT坊にこう言いました。

バカールさん:「オーツボクーン!ワタシ、キレテルンデスヨー!」

バカールさん:「ワタシ、バケールジャナイデスヨー!」

 

T坊:「オー、バケールさん、ごーめんなさいよー」

 

新しいニックネームが増えたバケールさんは少しうれしそうでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グアテマラより

世界旅行をしているフトシから絵はがきが来ました!

中米のグアテマラからです。

 

絵はがきには3年前に一緒に行った富士登山のことが書いてありました。

たかさん、じゅんいち、ふとし、僕の四人で、果敢にも台風の日に富士登山に挑戦し、6.5合目でリタイアしたときのことです。

 

あの時、僕らは富士山をなめていました。

ライトを持たず、百円のカッパを着て、お土産用の編み笠をかぶり、霊峰富士に挑戦しました。

結果、僕らは霊峰富士にボコされました。

 

フトシよ、グアテマラの山を登る時は、傘を買うな、杖を買え。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タンクトップの会

恒例のタンクトップの会が盛大に開催されました。 

 

メンバーは、じゅんいち、がっくん、ゆたーか、僕です。

初めての方へ、タンクトップの会とは、タンクトップを着てママチャリで土肥を目指すという過酷なレースのことを言います。

 

前日はタンクトップ壮行会です。

10人以上もの人達がうちに来て、タンクトップに乾杯しました。

無駄に盛り上がり(?)、終わったのは深夜2時近かったです。

 

次の日、3時間睡眠、二日酔いという最悪のコンディションで土肥へと旅立ちました。

 

道中はみんなで、SBSマイホームセンターの歌を歌ったり、無駄にフォー!!と叫んだりしました。

峠は気力だけで登りました。

 

峠越えした後の土肥温泉は、過酷なレースの疲れも吹っ飛ぶくらい気持ちよかったです。

 

来年はみんなバラバラになっちゃうけど、タンクトップの会は永久に不滅です!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »