« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ちゅーぼー

電車で中学一年生の男の子が英語の単語帳をめくっていました。

僕は懐かしさのあまりのぞき見しました。

 

『週末』

(僕:weekendだな。懐かしいな~。)

 

『持ってくる』

(僕:bringだろ。大学院生をなめるなよ。)

 

『シリコンバレー』

(僕:ちょっと難しくなってきたな~。silicon・・・バレーのスペルわかんねぇ。)

 

『エルサルバドル』

(僕:これほんとに中1レベルか!?)

 

『ミケール』

(僕:ぶ、ぶっとんどる。)

 

僕も一から英語の勉強しなおしです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OB会、OB戦

OB会、OB戦で積もりに積もったフラストレーションを発散してきました。

 

OB会では、笑いのゴッドであらせられるタカさんから、

「波多陽区のモノマネをやれ」とか「お前自身のモノマネをやれ」

などといったムチャぶりが来ました。

 

でも、タカさんのムチャぶりには愛を感じます。

 

OB戦ではT坊と僕が同じティームでした。

そしてT坊を中心としたみんなの活躍により、僕らのティームは見事優勝しやした!

僕が頂いた商品は、バナナのお皿とライブカードでした。

ライブカードはライフカードの模造品です。

 

僕が人生の岐路に立たされたときは、あのライブカードを使いたいと思います。

「冒険」、「封印」、「友情」 

どーしちゃう僕?

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

集団面接

昨日の面接は3対1の集団面接でした。

しかも同じグループに同じ県大生がいたためやりにくかったです。

 

研究概要を聞かれ、面接官は他の2人の研究にはものすごい食いついてました。

僕が研究概要を説明し終わると、

「へー、不斉の研究はノーベル賞をとった野依先生で終わったと思ってたよ。」

 

僕が今の実験の有用性を説明したら、

「ふーん、有機ってむずかしいね。」

 

無関心なあんちくしょうです。

手ごたえゼロクーポン債!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

座右の銘、募集します

集団面接にて。

準備してなかった質問が来ました。

  

面接官:「座右の銘はなんですか?」

 

隣のAくん:「努力です。」

隣のBさん:「○×△です。」

(僕はテンパッて隣の人の言うことも聞こえません)

 

僕の番がまわって来ました。

僕:「えぇーっと・・・、『悩むより寝てしまえ』ですね・・・」

 

何だそれ・・・

誰か就活に使える座右の銘教えてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

重大発表

あのじゅんいちさんの重大発表がついになされました。

 

僕はその内容を一発で当て、じゅんいちさんはビックリしてました。

でもかなり昔からやってたようなんでそれはかなりビックリです。

 

 

話かわって日活ポルノ、じゃなくて就活で初面接を受けてきました。

集団面接でした。

 

面接官:「親友と呼べるのは何人ですか?」

隣のA君:「5人です。」

隣のBさん:「4人です。」

僕:「(みんな多いな。えぇ~っと、3Jだから・・・) 3人です!」

 

あ、自分の数も入れてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なんくるないさー

日活ポルノ・・・じゃなくて就活で東京に行った時に、沖縄料理屋でランチをしました。

 

僕はゴーヤチャンプルー定食&ゴーヤジュースを頂きました。

ゴーヤを食べるのはこれが初めてです。

ゴーヤは予想以上に苦く、ゴーヤチャンプルーは予想以上においしかったです。

金城やアゲナの元気の源はこれかと思いました。 

 

ゴーヤの苦さは好きですが、人生の苦渋の味は嫌いです。

なんくるないさー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

くじ引き②

今日、ソフトボール決勝トーナメントのくじ引きがありました。

 

今日は四年生がくじ引きチャレンジです。

その四年生も1/7や1/8の当たりを勝ち取って、我が研究室に入った引きの強さを持っています。

さらに、最近ツモがいいとの噂もあります。

これは期待大です。

 

そして引き当てました!

初戦は前回王者の微生です!

 

バドミントンに次いでソフトも強運を発揮しました。

役満ツモです。

 

T坊よ、微生をハコテンにしてくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くじ引き

研究室対抗バド大会の抽選会に行きました。

T坊が風邪(?)でお休みのため僕がくじを引くことになりました。

 

うちの研究室の人はみんな、1/7や1/8の確率のくじ引きを引き当ててここにいる人達です。

くじには絶対の自信がありました。

 

そして引き当てました!

ダブルキャプテン泊・北本がいるチームと、マッチョ学がいるチームと同じ山です。

 

やはり僕の引きはバッチシです。

T坊よ、きゃつ等をケチョンケチョンにしてやってくれ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ローリングしてます

ジョー太朗の粋なはからいで生ロールのロールケーキを頂きました。

季節限定の栗ロールで全長なんと5000mm!!

これはもう、かなりローリングしてます。

 

中身は、かなりの栗具合でとてもおいしかったです。

ジョー太朗、ゴチになりやす!

3Jの結束の強さを再確認しました。

  

僕もこのロールケーキのように、「長いものには巻かれろ」の姿勢でがんばりたいと思います。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

竜巻

北海道で巨大竜巻の悲惨な事故が起こりました。 

僕も昔、竜巻の被害に会った事があり、あの恐怖は今でも鮮明に覚えています。

 

あれは僕が自宅2階で「スーパーマリオRPG」をやっていた時の事です。

大きな葉っぱがある面でした。

突然、家がゆれました。

始めは地震かと思ったのですが、外を見ると巨大竜巻が近づいてきました。

窓を全部閉め、竜巻の通過を待ちました。

家の横を通る時、震度4くらいで揺れました。

通りすぎた後、外を見ると、ひどい有り様でした。

下の家の屋根は吹っ飛び、上の家の洗濯物はうちまで飛ばされていました。

うちのスダレも崩壊し、ブドウ畑の方まで吹っ飛んでいました。  

外に人がいたら確実に死傷者を出していたでしょう。

 

竜巻のパワーはシャレにならないので近づかないようにして下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ナガータのマンション

シューカツで東京に行った時、ナガータのうちに泊まらせてもらいました。

 

その夜はジュンイチも召喚し、やきとり道場チックなところで飲みました。

みんなスーツだったので、会社帰りのリーマンが「一杯やってく?」的な感じでした。

 

飲んだ後、ジュンイチを駅まで送り、ナガータのうちに行きました。

ナガータのうちはマンションチックなノリでオートロックや24時間換気システムなどハイテクな造りとなっていました。

 

お風呂を貸してもらった時、シャンプーとリンスと洗顔フォームはあるのにボディーソープは見当たりませんでした。

その代わりにハンドソープ「キレイキレイ」がありました。

ナガータは体を「キレイキレイ」で洗ってると思い、僕も仕方なくキレイキレイしました。

ナガータにその事を言うと、ボディーソープはあったとの事でした。

   

一杯飲んだ後に、一杯食わされました。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デモ

先日ついに薬化学実習が終了しました。

 

僕は最後の「クラウンエーテルの合成」でデモンストレーションをしました。

4つのテーブルにわかれて研究室の人がデモを行うのです。

はげしい発熱反応(バチバチ)が起これば成功です。

 

僕は前回の製薬学科の実習のデモで、カモちゃんを前にあがってしまい(?)、バチバチが来ませんでした。

 

今回はケースケが見てます。

手袋をしなくてはならないのに忘れていました。

つかみはOKです。

 

僕は試薬を入れるタイミングを攻めました。

そしたら吹き出す勢いでバチバチがきました!

「おぉー」っと歓声が沸きました。

 

 

この攻めの姿勢、就活でも大切にしたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

医歯薬バド大会

ついに明日から始まります、医歯薬!

 

僕らが3年生の時、主幹になった時の事が思い出されます。

僕は飲み会の幹事とゴミ担当でした。

 

飲み会は200人以上という大規模なものでとても大変でした。

ジョー太朗には一人飲まずに誘導係りをやってもらいとても助かりました。

また、ギリギリまで人数変更や時間変更があり、お店の人に怒られたのも覚えています。

70万円近いお金を扱ったのもスリリングでした。

 

ゴミ担当の仕事は、一時間おきに会場中のゴミ箱のチェックをするという仕事でした。

地味だけどプライドをもって仕事にあたりました。

 

 

再来年、関薬の主幹がまわってくるらしいので是非がんばってもらいたいものです。

大変だけどいい経験、思い出になるはずです。

 

僕は就活のアピールポイントに(かなりの誇大表現で)使っちゃってます。

 

 

それでは、医歯薬試合頑張ってくさい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »